あなたの自然になってゆく 長寿の里 あっとよか
  • 長寿の里とは
  • 商品一覧
  • 商品Q&A
  • よか特集
  • ご利用ガイド
  • マイページ

トップページ > よか特集TOP > 美容と健康のコラムTOP > 成分のコラム一覧 > 美容や健康のカギを握る、自律神経を整える成分とは?

よか特集

2017/01/10 │ コラムNO.157 │ カテゴリー:成分

美容や健康のカギを握る、自律神経を整える成分とは?

美容や健康のカギを握る、自律神経を整える成分とは?

自律神経が乱れると、気分が落ち込んだり、頭痛や吐き気を催したりするなど、さまざまな不調が現れます。自律神経の乱れの原因は色々考えられますが、不規則な食生活や睡眠不足、人間関係のストレスや仕事のプレッシャーなどだと言われています。 年末年始の忙しいシーズンや環境が変わる春先などは、自律神経が乱れやすくなるので特に注意したいところです。

自律神経を整えてくれる栄養成分を積極的に摂取

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、そのうち副交感神経は睡眠時など、リラックスした状態のときに働く神経です。ストレスを感じたり、緊張した状態が続いたりすると交感神経が活発になって、さまざまな体の不調を感じるようになってしまいます。自律神経を整えるには、ストレス発散や適度な運動でリフレッシュするといいでしょう。生活のリズムを整えて、しっかり睡眠をとり、バランスの良い食生活を心がけることも大切です。特に食事では、自律神経のバランスを整える栄養成分を積極的に摂取するように心がけましょう。

自律神経を整える栄養成分とは?

自律神経を整えるには、以下の栄養成分が有効だと言われています。

〈ビタミンA〉
ビタミンAには、自律神経を調整する働きがあるそうです。皮膚や粘膜を健康にする手助けもするので、美肌作りや風邪の予防にも欠かせない成分です。ビタミンAを多く含む食品には、豚肉や牛肉、うなぎやたまごなどがあります。

〈ビタミンB〉
ビタミンB群は、神経の働きを正常に維持すると言われています。不足するとイライラの原因になります。また、ビタミンB群は脳の神経伝達物質の合成にも必要な栄養素です。精神を安定させるサポートも行うので、自律神経を整えるために必要不可欠だと言えるでしょう。ビタミンB1を多く含む食品には、胚芽米や玄米などの穀類や豚肉など。ビタミンB6はレバー、マグロ、カツオに多く含まれています。

カルシウムや食物繊維も大切!

前述のビタミンなどの他にも、以下の栄養成分にも自律神経を整える効果が期待できます。

〈カルシウム〉
イライラしていると「カルシウムが足りていないんじゃない?」などと言われることがありませんか。その言葉通り、カルシウムには神経の緊張や興奮を抑える働きが期待できます。カルシウムが不足すると精神的に不安定になってイライラしてしまい、自律神経のバランスを乱す原因となります。カルシウムを多く含む食品は牛乳や小魚などがメジャーですが、実はダイコンや小松菜などの野菜類にも含まれています。

〈食物繊維〉
腸の働きを活発にするのが食物繊維。腸の働きを高めることによって、副交感神経を優位にすることができると言われています。 食物繊維の摂取によって副交感神経の働きを高めれば、交感神経の働きを抑えることができるので、自律神経のバランスを整えられるでしょう。 食物繊維を多く含む食品はサツマイモやゴボウなどの根菜類やキノコなどです。食物繊維は、肌荒れの原因になる便秘の改善にもつながりますので、美容や健康を意識している人にはぜひ摂取して欲しい栄養成分です。

これからは、これらの栄養成分を意識した食生活を心がけてください!

▲ 成分のコラム一覧へ

2017/01/10 │ コラムNO.157 │ カテゴリー:成分

ライターの紹介
【美容ライター】 エンドウ

【美容ライター】 エンドウ

雑誌やWebを中心に、美容・健康をテーマにした記事を執筆中。自宅で簡単にできるスキンケアやダイエット方法を、自身で実践しながらみなさんに発信します。

ご利用ガイド

詳しくはこちらから

WEB会員について

お買い物には「WEB会員登録」(無料)が必要となります。

送料について

同時に2点以上(セット商品含む)、定期コースは送料無料!

お届けについて

お好きな配達時間帯をお選びいただけます。

お支払いについて

後払い代引きなど、様々なお支払い方法が可能です。

  • 会社案内
  • 店舗のご案内
  • ご利用規約
  • 個人情報の取扱について
  • 個人情報保護方針
  • 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
  • サイトマップ