産地をめぐって 第7回 清らかな水に育まれた熊本産・新生姜

あなたの自然になってゆく 長寿の里 あっとよか
  • 長寿の里とは
  • 商品一覧
  • 商品Q&A
  • よか特集
  • ご利用ガイド
  • マイページ

トップページ > よか特集TOP > 産地をめぐって一覧 > 第7回 清らかな水に育まれた熊本産・新生姜

長寿の里 公式SNS

よか特集

第7回 生産者の愛情がパワーの決め手 そこには、白く大きく育った 「しょうが紅茶」にも含まれている「新生姜」がありました。

現地レポート2015年 熊本市北区植木町清らかな水に育まれた熊本産・新生姜

皆様、こんにちは。産地をめぐって取材班のサタケです。
第7回目は、肥沃な土壌の畑作地帯が広がる
熊本市北区植木町の生姜生産者・池福様を訪ね、
始まったばかりの収穫の様子をご紹介します。

産地をめぐって「熊本市北区植木町」編

熊本I.Cから九州自動車道で北へ約20分、やってきたのは熊本市北区植木町。町北部の合志川(こうしがわ)清流沿いに湧く植木温泉や、西南戦争の激戦地「田原坂(たばるざか)」があり、湯処そして歴史の街として知られています。

一方、肥沃な土地は植木台地と呼ばれ、農産物の生産も盛ん。そこで今回は、収穫が始まったばかりの新生姜の生産者様を訪ね、良質な生姜を育てる秘訣を伺ってきました。

熊本市北区植木町 地図


農業の盛んな土地として知られる植木町。
広大な土地にビニールハウスがずらりと並んでいました。


地下水が豊富な熊本市。
畑の周辺でも透明度の高い湧水が見られました。

植木町産新生姜ができるまで

「熊本・植木町産 新生姜」収穫レポート

1 いざ、新生姜ハウスへ!


新生姜を収穫する生産者の池福強さん。
1ヘクタールもの畑で生姜を栽培しています。


背丈が1mにもなる生姜の葉。
手に取るとスパイシーな香りがします。

大正時代後期に生姜の栽培が始まったという熊本県。現在では年間6000トン以上を出荷する国内第2位の生姜の生産地です。新生姜の収穫期としては一般に秋が知られていますが、ハウス栽培に特化した池福さんの畑では例年4月末から8月のお盆頃にかけて収穫期を迎えます。

私たちが訪れた5月上旬は、まだまだ朝晩の寒暖差が気になる時期。日中は26度に保たれたハウスの一角では、早くも収穫が始まっていました。

畑を埋め尽くすのは、空に向かって真っ直ぐに伸びた緑の葉。生姜の食用部分は地下の塊茎(カイケイ)で、地上には細長い緑の葉を付けています。沢山のこぶが幾方向にも連なって肥大する生姜は、大きいものになると1株で1キロほどにも生育するそう。

その成長を支えるのが、阿蘇山がもたらした肥沃で水はけの良い土壌と、日々の徹底した栽培管理。手間ひまを惜しまず、土と作物に向き合い続ける真摯な姿勢が、確かな品質を育むのです。

2 白く大きな新生姜を収穫!

「いい新生姜は、色白で肩が丸くしっかりとしていて、茎の部分が赤いんですよ」と教えてくださった池福さん。

土をはらうと、その言葉どおりの白く大きく柔らかな新生姜が現れました。

色白肌の決め手は、地下100mから汲み上げた清冽な地下水。乾燥を嫌う生姜は、常に水分で満たして育てることが大切なのだそう。美しさの決め手が水にあるなんて、生姜も人も同じ自然の一部だと改めて実感させられました。

採れたての生姜は専用の洗浄機で水洗いされ、一つひとつ手作業で茎を整えた後、その日のうちに出荷されます。

丁寧に磨き上げられた新生姜は、惚れ惚れするほどの美しさ。

土づくりから収穫、出荷にいたるまで、愛情たっぷりに育てられた新生姜は、こうして新鮮なまま加工され、皆様のお手元へと届けられるのです。


畑の土に割れ目が入るのは、新生姜の根が
大きく成長している証拠なのだそう。


大きく成長した新生姜の葉は、
収穫後に緑肥として再利用しています。


  • 沢山のこぶが幾重にも連なって大きく美しく成長した新生姜。採れた時はこんな感じです。

  • 土を払ったらこんな感じです。

  • 出荷を前に専用機器で丁寧に洗浄。
    色ツヤの良さがますます引き立ちます。(左は種生姜)

生産者のこだわり!直撃インタビュー 良質な新生姜ができるヒミツ 熊本産の新生姜はどうして良質になるのか、生産者の池福強さんにそのヒミツを伺いました。 生産者の池福強さん。新生姜の生産に携わり、約20年。バイヤーから指名買いが絶えない折り紙付きの品質を誇っています。

長寿の里
熊本産の生姜はどうして良質なのですか?
池福さん
温暖な気候と水はけのいい土地が、生姜作りに適していると言われています。
長寿の里
あんなに白く大きな生姜は初めて見ました!
池福さん
力の強い種生姜を厳選して定植していますが、栽培法に関してはとにかく水が第一です。生姜に与えているのは地下100mから汲み上げた地下水で、人も飲めるほど安全なものなんですよ。
長寿の里
農薬も極力使用しないとおっしゃっていましたよね。
池福さん
はい。生姜は病気や菌に弱いとてもデリケートな作物なので、病気の予防のために殺菌剤を2回だけ播いています。殺虫剤や除草剤は使用していません。
長寿の里
土づくりへのこだわりを教えてください。
池福さん
牛ふん、豚ぷん、籾がら、米ぬかを配合し、1年間熟成させたオリジナルのたい肥を使用しています。
長寿の里
新生姜は、そのまま食べても美味しいんですよね?
池福さん
はい、もちろんです。辛みが少なく、爽やかな風味とシャキシャキの食感が味わえますよ。熊本特産の馬刺しで生姜を巻いて食べると絶品です。
長寿の里
それは美味しそうですね!池福さんが仕事をしていて、一番うれしいのはどんな瞬間ですか?
池福さん
真っ白な生姜が出来て、皆さんに評価された時がやっぱり一番うれしいですね。
長寿の里
手間ひまかけて、愛情たっぷりに育てるからこそ、収穫の喜びも人一倍大きいんですね。今日はお忙しい中、本当にありがとうございました!

オリジナルのたい肥 厳選した種しょうが    肌は真っ白、付け根は赤

取材後記

取材に訪れた5月は、毎朝6時から収穫を始め、11時頃には出荷を終えるという池福さん。約1ヘクタールの畑をご家族を中心とした数名で管理されています。

生姜の栽培法はシンプルなだけに、生産者によって品質には大きな差がつくそう。池福さんは、畑は見なくても生産者を見れば品質が分かるとおっしゃいます。

白く大きく柔らかな生姜は、大いなる大地の恵みと生産者のたゆまぬ努力の結晶。一株ごとに私たちの健康をサポートしてくれるさまざまなパワーが秘められています。暑さによる疲労や冷房による冷えが気になる夏こそ、生姜のパワーをうまく活用したいものです。

お忙しいところ、デリケートな生姜の畑を見学させてくださった池福さん、本当にありがとうございました!

ご利用ガイド

詳しくはこちらから

WEB会員について

お買い物には「WEB会員登録」(無料)が必要となります。

送料について

同時に2点以上(セット商品含む)、定期コースは送料無料!

お届けについて

お好きな配達時間帯をお選びいただけます。

お支払いについて

後払い代引きなど、様々なお支払い方法が可能です。

  • 会社案内
  • 店舗のご案内
  • ご利用規約
  • 個人情報の取扱について
  • 個人情報保護方針
  • 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
  • サイトマップ