産地をめぐって 第8回  豊かな土壌と潮風に育まれた種子島産・安納芋

あなたの自然になってゆく 長寿の里 あっとよか
  • 長寿の里とは
  • 商品一覧
  • 商品Q&A
  • よか特集
  • ご利用ガイド
  • マイページ

トップページ > よか特集TOP > 産地をめぐって一覧 > 第8回 豊かな土壌と潮風に育まれた種子島産・安納芋

長寿の里 公式SNS

よか特集

2015年12月 第8回 ミネラル豊富な大地がくれた濃厚な甘さ種子島産「安納芋」の出荷が始まります!

現地レポート2015年 鹿児島県種子島豊かな土壌と潮風に育まれた種子島産・安納芋

皆様、こんにちは。産地をめぐって取材班のサタケです。
第8回目は、ミネラル豊富な土壌で知られる
鹿児島県種子島(タネガシマ)西田農産様を訪ね、
安納芋(アンノウイモ)の収穫の様子をご紹介します。

産地をめぐって「鹿児島県種子島」編

鹿児島空港から飛行機で南へ約40分、やってきたのは種子島(タネガシマ)。タテに長さ約58km、最大幅約12kmの細長い島です。日本に初めて鉄砲が伝来した地であり、種子島宇宙センターがあるロケットの島としても知られています。

一方、年間平均気温は19度と温暖な気候で、ぐるりと海に囲まれていることから、山海の幸も豊富です。そこで今回は、いまや全国区の人気を誇る種子島産・安納芋の濃厚な甘さのヒミツに迫ります。

鹿児島県種子島 鹿児島県本土最南端の佐多岬より南へ約40kmの太平洋上に位置する島で、農業・水産業が盛ん。


一面に青々とした葉が茂る安納芋の畑。
秋から初冬にかけて収穫の最盛期を迎えます。


(左)海の見える畑があるのも種子島ならでは。
(右)島内には3つのロケット発射施設もあります。

種子島産安納芋ができるまで

「鹿児島・種子島産 安納芋」収穫レポート

1 収穫期を迎えた畑に安納芋がずらり!!


島内に約65ヘクタールの安納芋畑を持つ西田農産。
年間1,400トン(2014年実績)もの安納芋を生産しています。


土から掘り起こされた安納芋は
見事な紅色に色づいていました!

種子島北東の安納(アンノウ)地区で生まれ、島内に広がった安納芋。もともとは第二次世界大戦でインドネシアのスマトラ島に渡った兵士が、持ち帰った芋を安納地区で栽培したのが始まりだと言われています。非常に糖度が高く、しっとりクリーミーな食感の安納芋は、いまや全国区の人気を誇る逸品。そのおいしさを全国に伝えているのが、種子島最大規模の農園を持つ西田農産です。

私たちが訪れた11月は、収穫期真っ只中。安納芋などのさつまいもは元来、寒さに弱い作物ですが、冬でも平均気温が12度前後と温暖な種子島では、例年12月中旬頃まで収穫ができるといいます。

おいしい安納芋を育むのが、ふかふかの土壌。種子島の土壌は水はけがいいために、余分な水分が芋に入らず、味がギュッと凝縮された安納芋が収穫できるのです。ただ、ねっとり濃厚な安納芋はとてもデリケート。皮は薄く、傷がつきやすいため、収穫は慎重に行われます。まず、地上に出た葉やつるを専用機で刈り取り、地中の芋を掘り起こしたら、傷つけないように手作業で回収します。畝に沿って安納芋がずらりと並ぶ様はまさに圧巻!ハサミでつるを切り取り、1個ずつ大切にかごに入れる生産者の姿からは、大地の恵みを敬う真摯な心が伝わってきました。


一畑ごとに行う収穫は、愛情たっぷりの手作業。
手間ひまかけて、つるや根を切り落とします。


人、かご、安納芋が、畝に沿って並んだ畑。
収穫期ならではの風景です。

2 こだわりの石蔵貯蔵でさらにおいしく!

収穫後そのままでも十分に甘くしっとりとした安納芋のさらなるおいしさを引き出すため、もうひと手間かけるのが西田農産のこだわりです。

収穫したての芋が運ばれるのは、独自に開発されたキュアリング倉庫(キュア=治療の意味)。「室温32度に設定された倉庫内で3日間保存することによって、収穫時にできる傷を癒し、病原菌の侵入を防げるんですよ」と教えてくださったのは、安納芋栽培のスペシャリスト・西田春樹さん。その後、4日目には14度まで室温を下げることで、発芽を防ぎ、長期保存を可能にする効果もあるそうです。

キュアリングを終えた安納芋は、種子島の石のみで造られたという自然の貯蔵庫で2ヵ月間の眠りにつきます。石蔵の中は自然の岩清水が湧き出て、一定の室温と湿度に保たれています。こうして追熟させることによって、安納芋はでんぷん質を糖分に変え、さらに甘くおいしくなるのだといいます。

このように栽培から収穫、貯蔵にいたるまで、こだわり抜いて育てられた安納芋。トロリと蜜が溢れ出すホクホクの甘さは、生産者の愛情のたまものなのです。


生産者の西田春樹さん。
石蔵の貯蔵庫は1年半かけて造られたそう。


繊細な美味しさを壊さないようにと、
選別や出荷も手作業で行っています。


収穫時の傷を癒すキュアリング倉庫は、高い温度と湿度で室内にモヤがかかっています。


鮮やかな色はおいしさの証。
傷つけないように水洗いはしません。


貯蔵庫の中は追熟に最適な
温度と湿度に保たれています。

生産者のこだわり!直撃インタビュー 甘い安納芋ができるヒミツ 種子島産の安納芋はどうしてホクホクと甘いのか、生産者の西田春樹さんにそのヒミツをうかがいました。 有限会社 西田農産 代表取締役社長 西田春樹さん種子島最大の農園を率いる、安納芋栽培の第一人者。長年にわたり、栽培方法・貯蔵方法を研究し続けています。

長寿の里
種子島産の安納芋は「蜜芋」と呼ばれるほど甘いですよね?
西田さん
種子島では海水のミネラルが潮風に運ばれ、ミネラル豊富な土壌が育まれているんですよ。そんな島の風土と温暖な気候が、安納芋の甘さを引き出すのに最適なのだと思います。
長寿の里
土づくりや栽培のこだわりについて教えてください。
西田さん
安納芋は病気やウイルスに弱い非常にデリケートな作物ですが、私たちの農場では減農薬栽培に取り組んでいます。除草剤も極力使いません。塩分を含む有機肥料の生成に成功したことでより糖度の高い安納芋ができるようになりましたし、今年から微量要素(※1)も導入しました。
長寿の里
安納芋の栽培で最も大切なことは何でしょうか。
西田さん
育苗から収穫まで適期を見極めて、手入れを施すことです。愛情を注ぐからこそ、本当にいいものができるのだと思います。
長寿の里
生産者として最もうれしい瞬間はどんな時ですか。
西田さん
畑全体がつるで覆われる時期に葉っぱが輝いているとうれしいですね。このままいくと、いいものが出来るだろうなと思える瞬間です。
長寿の里
今年の安納芋の出来はいかがですか?
西田さん
夏の長雨による日照不足の影響で、収穫量は例年より少なくなりそうですが、非常に糖度が高く、おいしく仕上がっていますよ。
長寿の里
それは楽しみですね! 安納芋のおいしい食べ方を教えてください。
西田さん
焼き芋にするのがおすすめです。じっくりと時間をかけて焼くと蜜が糖化していっそうおいしくなりますよ。保存時は20度以上、13度以下にしないように気をつけてください。
長寿の里
じっくりと焼けばよりおいしくなるんですね。今日はお忙しい中、本当にありがとうございました!

ミネラル豊富な土壌  適期手入れ、減農薬栽培  手をかけ、愛情を注ぐ

ねっとりとろける、絶品の甘さ

※1 微量要素とは、植物の健全な生育に欠かせない、マンガン、ホウ素、鉄、銅、亜鉛、モリブデンなどの栄養素のことです。微量要素は土の中にも存在していますが、植物に吸収されたり、水とともに流れ出て不足しがちになるため、肥料として補うことにより、より甘く、大きく、色鮮やかな安納芋が育てられるということです。

取材後記

今回、取材に訪れた種子島は、実は日本で初めてさつまいも栽培に成功した地。300年以上も前から伝承され続けてきた歴史が、安納芋のおいしさにつながっているのです。

「安納芋づくりは自然との闘い。毎年失敗、毎年改良です」とおっしゃった西田さん。大小の石を巧みに積み上げて造った石蔵の貯蔵庫にも、さらなるおいしさを求める生産者の情熱があらわれていました。

じっくりと焼き上げた安納芋は、スイーツのように濃厚な甘さとクリーミーな口どけで、一度味わうとやみつきになるほど。自然がくれた甘いごちそうは、寒い冬にこそぴったりです。

収穫期のお忙しい中、畑や貯蔵庫を見学させてくださった西田さん、本当にありがとうございました!

ご利用ガイド

詳しくはこちらから

WEB会員について

お買い物には「WEB会員登録」(無料)が必要となります。

送料について

同時に2点以上(セット商品含む)、定期コースは送料無料!

お届けについて

お好きな配達時間帯をお選びいただけます。

お支払いについて

後払い代引きなど、様々なお支払い方法が可能です。

  • 会社案内
  • 店舗のご案内
  • ご利用規約
  • 個人情報の取扱について
  • 個人情報保護方針
  • 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
  • サイトマップ