体の内側から水分を補う水素水を取り入れよう

あなたの自然になってゆく 長寿の里 あっとよか
  • 長寿の里とは
  • 商品一覧
  • 商品Q&A
  • よか特集
  • ご利用ガイド
  • マイページ

トップページ > よか特集TOP > 美容と健康のコラムTOP > 水素についてのコラム一覧 >体の内側から水分を補う水素水を取り入れよう

よか特集

2015/12/28 │ コラムNO.103 │ カテゴリー:水素

体の内側から水分を補う水素水を取り入れよう

体の内側から水分を補う水素水を取り入れよう

通常の水よりも水素を豊富に含む「水素水」が肌に良いということは、もうみなさんご存知ですよね。この水素水、なんと「乾燥肌」にも良い影響を与えるのです。

水素水の持つ「抗酸化作用」とは?

水素水が肌に良いと言われている理由の一つが、水素水の持つ「抗酸化作用」です。

本来私たちの肌は、元々持っている「抗酸化機能」によって、細胞内に発生した活性酸素を除去することができるようになっています。しかし紫外線やストレスなどの影響で活性酸素が大量に発生すると、元々の機能だけでは除去しきれなくなってしまいます。
こうして増加した活性酸素は肌細胞を傷つけ、肌の潤いを保持するための保湿成分や健康な肌細胞を生成することができなくなってしまいます。
活性酸素は紫外線やストレスだけでなく、喫煙や過度な運動、飲酒や食品添加物によって発生する可能性もあるので注意が必要です。

そこでおすすめなのが、低下している抗酸化力を向上させる「水素水」。
水素水の抗酸化作用によって活性酸素をしっかり除去することができれば、保湿成分や健康な肌細胞をきちんと生成して、乾燥肌を予防することができるのです。

活性酸素が増えると肌の弾力や潤いも低下する?

活性酸素は乾燥肌だけでなく、様々な肌の悩みを引き起こす可能性があります。

活性酸素が増加すると、肌の弾力や潤いを維持するためのコラーゲンやエラスチンが酸化して性質が変化してしまいます。それによって肌の弾力や潤いが失われ、シワやたるみの目立つ老けた肌になってしまう危険性があるのです。

活性酸素は肌だけではなく、全身に悪影響を与えるとも言われています。細胞を傷つけたり、動脈硬化などの疾患をもたらす原因となったりすることもあります。
水素水を上手に取り入れて活性酸素を排除することができれば、全身の健康を維持することにもつながりそうですね。

水素水を上手に活用する方法は?

水素水は飲料水としてだけでなく、料理に使うこともできます。

また、水素水で洗顔をしたり、水素水を使ったコットンパックをしたりすることで直接肌から吸収する方法もおすすめです。
水素水を使ったコットンパックの方法はいたって簡単で、水素水を含ませたコットンを顔にのせて5〜10分ほど置いておくだけ。
長時間放置すると、乾燥したパックが肌の水分を逆に奪ってしまうので、適切な時間内で収めるようにしましょう。

もちろん顔だけではなく、かかとやひじなど乾燥が気になる部位に使用するのもおすすめです。
水素水は抗酸化作用に加え、肌のバリア機能を向上させる効果も期待できます。外部からの刺激に強い肌を作りたいという人にもおすすめです。

今、ちまたで注目度がアップしている「水素水」を、さっそく毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

▲ 水素のコラム一覧へ

2015/12/28 │ コラムNO.103 │ カテゴリー:水素

ライターの紹介
【美容ライター】 エンドウ

【美容ライター】 エンドウ

雑誌やWebを中心に、美容・健康をテーマにした記事を執筆中。自宅で簡単にできるスキンケアやダイエット方法を、自身で実践しながらみなさんに発信します。

ご利用ガイド

詳しくはこちらから

WEB会員について

お買い物には「WEB会員登録」(無料)が必要となります。

送料について

同時に2点以上(セット商品含む)、定期コースは送料無料!

お届けについて

お好きな配達時間帯をお選びいただけます。

お支払いについて

後払い代引きなど、様々なお支払い方法が可能です。

  • 会社案内
  • 店舗のご案内
  • ご利用規約
  • 個人情報の取扱について
  • 個人情報保護方針
  • 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
  • サイトマップ