実は乾燥しやすい? 梅雨シーズンには水を摂取して保湿を徹底!

あなたの自然になってゆく 長寿の里 あっとよか
  • 長寿の里とは
  • 商品一覧
  • 商品Q&A
  • よか特集
  • ご利用ガイド
  • マイページ

トップページ > よか特集TOP > 美容と健康のコラムTOP > お水についてのコラム一覧 > 実は乾燥しやすい? 梅雨シーズンには水を摂取して保湿を徹底!

よか特集

2016/6/17 │ コラムNO.131 │ カテゴリー:水

実は乾燥しやすい? 梅雨シーズンには水を摂取して保湿を徹底!

実は乾燥しやすい? 梅雨シーズンには水を摂取して保湿を徹底!

梅雨シーズンになると空気が湿ってきて、肌もいつもよりテカりやすくなりませんか?
肌がテカっていて、周囲の空気も湿っていると、つい“肌の水分は十分足りている”と勘違いしてしまいますよね。
しかし、実は梅雨時は、想像している以上に肌が乾燥しやすい季節なのです。
何よりも、肌のテカりが乾燥している証拠。水分が不足すると、それを補おうと肌はいつも以上の皮脂を分泌してしまうのです。テカっている人ほど、肌が乾燥している可能性があるので要注意です!

梅雨シーズンに肌が乾燥しやすい原因は?

梅雨シーズンに肌が乾燥しやすくなるのには、いくつか理由があります。
まずは紫外線の影響です。6月になると紫外線の量がぐんと増えるので、何も対策をとらなければ、私たちの肌には確実にダメージが蓄積されます。紫外線は肌のシミやそばかすだけでなく、肌の乾燥も招いてしまいます。紫外線は肌の水分を維持するためのコラーゲンを生成する、「線維芽細胞」に攻撃を加えてしまうからです。
「紫外線対策は夏になってからで大丈夫!」と油断をせずに、短時間の外出でもきちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

エアコンや皮脂の分泌にも注意

梅雨の時期になると蒸し暑かったり湿気が気になったりして、自宅やオフィスでエアコンを使用する機会が増えてきます。エアコンも肌の乾燥の大きな原因となります。 肌のテカりが気になって、一日に何度もあぶらとり紙を使用しているという人も乾燥に注意が必要です。あぶらとり紙は肌に最低限必要な油分まで除去してしまい、結果、肌を乾燥させてしまう恐れがあるからです。頻繁に皮脂をオフしたいという人は、あぶらとり紙を使用せずティッシュペーパーで軽く取り除くだけで十分です。

梅雨シーズンの乾燥は「お水」でケア!

梅雨シーズンに発生する肌の乾燥を防ぐためには、積極的に水を摂取してみましょう。化粧水や乳液等で肌に水分を補うだけでなく、口から水を摂取することも肌の保湿につながるのです。

普通の水を飲むのはもちろんですが、水素水を選んでみるのもおすすめです。水素水は体や肌の老化を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用が期待できるので、より肌に良いお水と言えます。また、冷たい水を飲むと体が冷えやすくなるので、常温にしたりできるだけ温かい飲み物にしたりするのも◎。お水ばかりでは飽きてしまうという人は、ビタミンたっぷりのカットフルーツやミントを入れて、さらに美肌効果をアップさせましょう!

▲ お水のコラム一覧へ

2016/6/17 │ コラムNO.131  │ カテゴリー:水

ライターの紹介
【美容ライター】 エンドウ

【美容ライター】 エンドウ

雑誌やWebを中心に、美容・健康をテーマにした記事を執筆中。自宅で簡単にできるスキンケアやダイエット方法を、自身で実践しながらみなさんに発信します。

ご利用ガイド

詳しくはこちらから

WEB会員について

お買い物には「WEB会員登録」(無料)が必要となります。

送料について

同時に2点以上(セット商品含む)、定期コースは送料無料!

お届けについて

お好きな配達時間帯をお選びいただけます。

お支払いについて

後払い代引きなど、様々なお支払い方法が可能です。

  • 会社案内
  • 店舗のご案内
  • ご利用規約
  • 個人情報の取扱について
  • 個人情報保護方針
  • 「特定商取引に関する法律」に基づく表示
  • サイトマップ